毎月々、作品と詩を徒然に…
移りゆく季節に想いを馳せて暦をめくるように愉しんでいただけましたら幸いです。

turezure2022_1
*琉球手鞠…琉球王朝時代から、母や祖母が娘や孫の十三祝などに贈った鞠。色鮮やかさが特徴。
turezure2022_2
*アンティークのポジャギに琉球菓子柄
*2022.2月1日は旧暦のお正月
turezure2022_3
*フランスアンティーク・刺繍が施された布に、やんばるのウマノアシガタ(絶滅危惧種)・琉球スミレ
turezure2022_4
*ラオス草木染の帯地に顔料
turezure2022_5
*紅花紬に月桃紋様
turezure2022_6
*抽象紋様織の絹地にブーゲンビリア紋様 顔料と金彩・銀彩にて
turezure2022_7
*金糸織に孔雀・聖杯ケルト文様 顔料と金彩
turezure2022_8
*ラオス手紡ぎ・シルクコットン(藍染)に、がじゅまる木根紋様(顔料・銀彩)
turezure2022_9
*ぜんまい紬に韓国のお菓子と糸巻き針山文様
クワジャとは、韓国語でお菓子のこと
turezure2022_10
ラオス・藍染のシルクコットンにハジチ紋様
*ハジチとは*
琉球王朝時代、成人した女性が手の甲に入れる入れ墨のこと。明治になってから廃止され、消えてしまった文化。